若者の感覚


先日、摂理のとある女性に、「Luna〜若者の感覚を身につけることに貪欲になってね!」と言われて、ギョッとしました(;゜0゜)笑

え・・・Lunaも結構若いけど・・・

なんて(笑)
そう思いたい(笑)

ちなみに、その方はLunaより10歳くらい年上なので、Lunaの方が若者であることは間違いないのですが、確かに、学生を若者と呼ぶとしたら、Lunaは若者には該当しないです。。。

振り返れば、今のLunaを作っている全ての原点も、学生時代までに積み上げたものが大きいです。
10代〜大学時代に経験してきたことや考えてきたことが、その後のLunaの人生に大きな影響を与えました。

当時、「こうだったらいいのにな!」と思ったことを、ほとんど全ての大人達に否定されましたが(笑)、それぞ、「若者の感覚」。
今となっては、あーやっぱり、これからの時代は、新しくしなきゃ!Lunaの感覚の方が正しかったんだなぁ!と思うこともあります。
幸い、Lunaは、自分の感覚を大事にして生きてきましたが、時代に合う、新しいことを提案できるのって、決まって、次世代を担っていく若者であり、「若者の感覚」を生かすか生かさないかは、大人達の責任にかかってくる場合もあることでしょう。

鄭明析先生も、「若者の感覚」をとても大切にされます。

若者たちが<新しい時代>を探し、新しく行く。
年をとったら、若者たちの手に引かれて行かなければ<新しい時代>に行けない。
(2015年10月7日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

この摂理ブログをご覧になっていらっしゃるのは、学生もいらっしゃれば、社会人の方々もいらっしゃることと思います。
しかし、今読んでくださっているみなさんも、Lunaのブログに変化がなく、つまらなければ、いつかは読まなくなるものでしょう(笑)

刻一刻とめまぐるしく変わっていく現代社会において、Lunaの摂理ブログが読み続けられていくためにも、変化と新しいことに敏感であり柔軟な「若者の感覚」に、いつまでも心を研ぎ澄ませていく必要性を感じました。

直接、若者達と話してこそ、その感覚を得られるところは、大きいと思います。
各地を飛び回り、あまり教会に現れないLunaですが、教会でLunaを見かけた際には、学生のみなさん、是非、話してね(笑)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆