「狂気的」と言われる「正常」な生き方ーlunaとlunatic


摂理☆祝福の方程式のブロガーsatoさんが、Lunaのブログを紹介してくださいました(^^)
ありがとうございます☆

気が狂った、と言われた鄭明析先生の愛。
気が狂った、と言われた鄭明析先生の愛。の裏話。

裏話の方では、lunaとlunaticに関する考察がされています。
大変勉強になりました!!

英語の’lunatic’には「精神異常」「狂気的」といった意味があります。
語源を辿ると、ラテン語で「月(luna)に影響された」。
昔から「月から発する霊気に当たると気が狂う」と言われているそうです。

え、嘘、知らなかった・・・汗

月は、聖霊様の象徴☆
聖霊様のような美しい女性になりたくて、「Luna」というブログ名をつけました。

名前の由来はそれだけだったのですが・・・

でも、satoさんの記事を読んで、そういえば、思い出したんです!!
イエス様の時代、主を信じ、熱い聖霊を受けた信徒達は、喜び踊り、人々は彼らを見て、「あの人達はどうしたのか。酒を飲んでいるのか。気が狂っている」と言ったと。

lunaとlunatic、なかなか深いと、感銘を受けたLunaでした。

ところで、「気が狂っている」「精神異常」とは、どういう状態のことを言うのでしょうか。

人々は、自身を「正常」、自身と異なる主管圏の人々を「異常」と呼ぶ傾向にあります。
常識的に考えて、ある程度判断できることもあるのは事実ですが、何が「正常」であり、何が「異常」であるか、そもそも人々が下している判断というのは、極めて曖昧な判断基準によるものだという可能性も高いです。

satoさんもご指摘なさっているとおり、誰が「気が狂っている」のかは、詳しくよく見なければわからないですよね。

誰でも<患難の時>は、「患難」と戦うために無我夢中だ。
しかしこのことを知らない人はちゃんと見ないで「気が狂った。変だ」と言う。
(2016年4月11日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

人には「異常」に見えても、神様が見た時に「正常」な生き方ができることが、Lunaの求める理想の女性像であり、人間像です。

まさに、今、摂理で最も注目されているテーマ「聖三位と主との生活の愛」を成し遂げた時に、ようやく「正常」な生き方ができるのでしょう。

まだまだ「正常」には足りないLuna。
目指すは、人々が「気が狂っている!」と噂をするくらいに熱い聖霊を受けて、いつも喜び感謝する人生。
名前に見合う生き方ができるように、もっと飛躍しようと思ったのでした(^-^)/

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆