就活しながらわかることー<神様の考え>と<人間の考え>は違う


先日、CAを目指すある大学生の方が、Lunaにちょっと悲しそうに、こう言いました。

「緊張してしまって、面接でうまく話せなかったです・・・」

この方は、摂理の信者でも、神様を信じている方でもなかったのですが、Lunaの口からとっさに出てきた言葉が、

「大丈夫。神様の考えと人間の考えは違うから。」

でした。

他のどの業界にも当てはまることと思いますが、特にCAの面接では、うまく話せた=内定、とはならない場合が多いかもしれません。
各社、面接官にはベテラン日本人CAが参加することが多いと思いますが、ベテラン日本人CAは、笑顔が得意・・・笑
笑顔で相槌をたくさん打ってくださると、うまく話せている錯覚に陥りますが、笑顔で相槌を打つのが習慣化しているだけだったりします。
だから、面接官の反応が良いからと言って、必ずしも、うまく話せているとは限らないです。

逆に、面接官の反応がイマイチで、うまく話せていないと思っても、内定という場合もあります。

つまり、うまく話せたか、話せなかったかは、問題ではなく、結局のところ、相手(会社)が求めている人材と合致しなければ、内定には繋がりません。

<自分の考え>と<相手の考え>は違いますし、ましてや<人間の考え>と<神様の考え>は異なります。

神様が、その道を、ストップさせることもあるでしょう。

就活シーズン、多くの学生さんが、内定そのものに執着しすぎな印象を受けています。
大事なのは、たくさん内定をいただくことでも、自分の行きたい会社に内定をいただくことでもなく、御心の会社1社から内定を得ること。
御心とは、神様が定めた道。
神様が定めた道は、たった1つです!!

<世の中の道>は行けば行くほど『行く道』が多くなって、辛く複雑にするが、<天の道>は行けば行くほど『一つの道』だけが見えて、心をしっかり定めて行くようにさせる。
(2016年6月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

Lunaも、ただ自身が願う道を歩むのであったら、今頃、今の職場にいないことでしょう・・・笑
他にも行きたい道がありましたが、神様が全部ストップさせてくださったのです!!
また、何を隠そう、まさにLunaが、ちっともうまく話せず、落ちたと思ったら、合格でした・・・笑

自分が願う『一つの道』ではなく、神様が願う『一つの道』を見出せる就活になりますように☆

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/lady/4025
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆