「謙虚さ」が放つ光


素敵なCAの共通点は、いくつになっても、謙虚さを失わない人。
先輩やお客様に対して謙虚な人は多くても、同僚や後輩に対しても謙虚である人は、残念ながら、そんなに多くはないかもしれません。
だから、誰に対しても低姿勢なCAに会うと、同業者としても、とっても印象が良いですし、やっぱり、そのようなCAは、お客様の心に残るサービスをして、お客様からの評価も高いです。

社会的地位や社会的評価の高い、ファーストクラスにご搭乗されるお客様も、謙虚な方が多いです。
「謙虚さ」って、きっと、どの分野でも、最も大事な要素の1つなのでしょうね。

先日、摂理のある有名な指導者と、初めてお会いしました。
何人かでランチへ行って、交流する中で、プチ教育も受けて(本人は、教育というつもりはなく、おそらく雑談の延長だったかと思いますが)、「これからも是非、教育をお願いします!」という意気込みのLuna。
しかし、彼女は、別れ際に、みんなに向かってではなく、他でもなくLunaに!!こうおっしゃったのでした。

「また是非いろいろと教えてくださいね」

目が点!(゚o゚;;
Lunaが何を教えるというのだろう・・・

謙虚な姿勢に、とてもビックリしたと共に、だから主が貴重に使われる指導者なのだ、と納得しました。

次の日の明け方、お祈りをしていた時に、気づきました。

そっか。
パリサイ人たちに謙虚さがなかったから、ナザレのイエス様を受け入れず、十字架につけて殺すまでしたんだ。
兄弟愛のカギは、謙虚さなんだなぁ。

と。

謙虚であったら、ひとまず、自分の主張は置いて、相手の話しを聞こうとするでしょう。
謙虚であったら、ひとまず、自分の知識は置いて、誰からでも学ぼうするでしょう。

人は、高慢になればなるほど、最も小さく、最も身分の低い者の前で、跪くのは難しいです。
逆を言えば、最も小さく、最も身分の低い者の前で、どのような接するかが、その人の人格に関わっているということですよね。

神様がどなたをお使いになるか。
謙虚に学ぶ姿勢が求められている時代だと思います。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆