「本音」で話すところに人々は集まる


「Lunaちゃんのブログ面白い!!本音をたくさん書いてあるよね。」

というお声を最近いただきました。

本音・・・笑
アーメン(;^_^A

自分自身の生活を赤裸々に綴るって、恥ずかしいことも時にはあるかもしれませんが(もちろんLunaだって、ないとは言えないです!笑)、<摂理の真実><摂理人の真実>を伝えるのが当ブログの最大の目的である限り、「本音を書く」ことは、一番重要なことなのだと、ふと思いました。

言い換えれば、正直であること。

主と対話するのがお上手な方も、「私の特徴は、正直なことです!」とよくおっしゃっています。
実際その通りで、対話内容を伺うと、「主よ、私には〜がよくわかりません」と、それはそれは正直な告白をなさっていて、Lunaもとても勉強になります。

よくありがちな、知ったかぶりのエセ優等生は、振るまわない!ということです。

でも、だからこそ、主が正直な告白の上に、深い心情を伝えてくださるのですよね。

人と人との関係も一緒。

そういえば、Lunaの人間関係は、昔から、広く浅くでは決してなく、かと言って、狭く深くでもなく、どちらかと言えば、広く深くでした。
それは、Lunaの特徴が、誰にでも本音を話すところにあったのかな。

本音で話すところに、人々も集まってくるものだし、まずは先に自分から本音で話すからこそ、人々も本音で話してくださり、深い対話に繋がるのでしょう。

日本の文化は「本音と建て前」とよく言われますが、グローバル化が進んだこれからの時代には、「本音」で発言できるスキルが、とても重要になってくるのでは。

そんなことまで考えさせられた、一言でした。

私たちは神ではなく人間なので、自分の本音を話してはじめてわかってもらえるし、してもらえる。
(2003年9月1日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆