CAと摂理人は若い人が多い♪


CAになりたい社会人の方とお会いする機会がありました。

その方は23歳で、Lunaよりもちろん(笑)年下だったのですが、会った瞬間

「え・・・あの、おいくつですかΣ(´∀`;)??」

と唐突な質問!笑
失礼とも言う。笑

Lunaの実年齢を伝えたら(ブログ上では秘密ですよ☆笑 個別に聞いてくださったら、いつでもお教えしますが。笑)

「え・・・!お若いですね・・・!」

と驚くその子に、ちょっと複雑な心境を抱きました。
喜んでいいのか、どうなのか。
幼い、ということかもしれない。笑
(昔は、高校生の時に大学生、大学生の時にOLと間違えられたんだけどなぁ・・・笑)

でも、CAは実年齢より若く見える人が結構多いと思います。
そして、実は、それは、Lunaが思うに、摂理の牧師さんも、同様。

もちろん、両者ともに、年相応に見える方もいらっしゃるのですが、若さの秘訣は、

・「いつも見られている」という意識を持つこと
・考えを<嬉しい方>にすること

ではないかな、と最近感じています。

摂理の中でも、いつも見られている立場である、牧師さん達は、若く見える方が本当に多いです。

また、CAも、教会も、どこの世界も、共通だと思いますが、仕事は大変なものですが、考えを<嬉しい方>にする習慣がある人は、ふけません!笑

ちなみに、どちらも、言い換えると、「いつもニコニコすること」となるかもしれません。
「いつも見られている」という意識は、CAを笑顔にさせますし、考えを<嬉しい方>にすると、自然と笑顔になります。
笑顔を作ったら、考えが嬉しくなることもあるでしょう。
ちなみに、ニコニコすると、実際、若返りホルモンが分泌されるそうですよ!

人は中身が大事なのは100も承知ですが、外見も大事です。
外見も素敵に管理しましょう(*^▽^*)

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/lady/8250
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆