結婚しない道が光る時代


摂理では、いわゆる、おひとりさま人生を歩んでいる人達が、男女共に少なからずいるのですが、これは、実際のところ、世で言う「おひとりさま」とはだいぶ違います。

愛に飢えているわけでは全くなく、むしろ、いつも愛に満ちています。

見かけは1人ぼっちなのに、一体誰の愛をそんなに受けて、誰をそんなに愛して、幸せそうなのかと言ったら、神様です。

一生神様だけを愛して生きる道を選び、人間とは結婚しないだけで、もはや、神様と結婚した、とも言えます。

そして、ポイントは、異性にすごいモテるだろうなあー!!という魅力的な方ばかり。と少なくともLunaは思う。

モテないとしたら、魅力的でないから、では決してなく、次元が高すぎて、つり合いが取れないゆえ、ですかね。

何を言いたいかと言うと、「売れ残り」とか「負け組」とかいう悲観的なカテゴリーでは全くないのです!!

むしろ、本人がどんなに願うからと言って、(人間と)結婚しない道に誰しもが行けるとも限りません。

それなりに条件を立て、御心がなければ、行けない、とても狭い道です。

また、摂理では、普通に、人間同士結婚する人達もたくさんいます。

こちらがほとんど!

ま、こちらの実態も、神様の愛を受けた幸せな家族ばかりで、離婚や不倫などとはもちろん無縁であれば、夫婦家族そろって、根本的には、神様を愛して生きていくという意味では、いわゆる結婚生活とは全然違うと言えますが☆

そんな摂理家庭のブログは、こちら参照。

ばたばた結婚戦記〜摂理で結婚した人たち

摂理の子ども すくすくの雲

お盆で、久しぶりに実家に帰り、寝ても覚めても、結婚の話しを延々とされました^^;

親はもちろん、最近、会社でも、どこへ行っても、その話しばかりなのですが、(人間と)結婚しない道を歩むと、こんなにも様々な弊害がある社会なのかと、改めて身に染みて感じるお盆でした。。。(^◇^;)

神様だけを愛して心から幸せに生きている女性が、「(人間と)結婚していなくて、もったいない」とか「かわいそう」とか裏でコソコソ言われたり、表だって悪く言われたりすることなく、「神様だけを愛して生きているだなんて、やっぱり格好いい!」と人々がビジョンを感じるような、時代になるといいなあ。

と、いつものことながら、感じたのでした。

男性も、同様。

摂理にいてもいなくても、現状、(人間と)結婚しない道は、甘くないです(`・ω・´)

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/lady/8542
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆