女性が活躍できる時代ー父が感じる今


CAは、女性が活躍できる仕事の1つだと思います。

それもあって、LunaはCAになりました。

今は、以前と比べたら、女性が活躍できる場も増えてきて、CA以外にもたくさんの選択肢がありますし、それに伴って、航空業界も人材確保に苦しむ時代になりました。

しかし、それでも、この日本社会(世界もかな)において、女性が活躍するにはまだまだ厳しい現状があるな、と女性である私は、感じるところがたくさんあります。

(具体的な内容は、今日は割愛しますね。)

久しぶりに実家に帰ってきて、父との、さり気ない会話の中で、父が

「まだまだ女性が活躍するのは難しい時代だ」

とぼそっと呟いて、びっくりしました。

親世代も、そのように感じるのかと!

女性の働き方について、男性の、しかも、世代も違う方の意見を耳にする機会って、なかなかないのが現状なのですが、思わぬところで「日本社会における女性の働きにくさ、生きにくさ」を父も感じていることを知って、共感してもらえた嬉しい気持ち反面、やはりそれが現実なのかと残念な気持ちも抱き、複雑な心境になりましたσ(^_^;)

最近は、女性でも、働きにくさを感じない人もいるくらいなので、男性かつ親世代が、女性の働きにくさを感じているその感覚は、大切にしていただきたいと思います。

摂理は、男性より女性が強いかも(笑)

たくましい女性が、幅広い分野でもっと活躍できる時代を待ち望んでいます^ ^

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/lady/8822
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆