摂理人も注目!!「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」ユネスコ世界文化遺産推薦


今月17日、外務省により、ユネスコの世界文化遺産への推薦が決まった「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」。
9月末までに、暫定版の推薦書を、ユネスコに提出することになっているようです。
今日までですね!
長崎の教会群は、日本最古のキリスト教会の大浦天主堂や、島原の乱の舞台となった原城跡など長崎県と熊本県にある13件で構成されており、16世紀以来、キリスト教の伝来から普及、禁教下での信仰継承、禁教が解けてからの発展まで、キリスト教を受け入れてきた4世紀にわたる歴史を伝えています。
今回の推薦理由は、以下。
「16世紀以来の東西交流と文化的伝統を物語る遺産。400年以上の歴史経過を示すものは他に例がない」
そんな貴重なものが日本の九州に残っていることの意味について、考えさせられます。
結果は、約2年後までのお楽しみ☆
2016年夏頃に開かれるユネスコの世界遺産委員会で、登録されるかどうか審査されるそうです。
随分先のようにも思いますが、摂理人としても、今から関心を持ちながら、今後の動向を見守っていきたいです(^o^)
Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/news1/10
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆