働きすぎの日本社会へ送る摂理の御言葉


「日本人は働きすぎだよ〜」

外国人CAが日本人CAを見て、よく笑います。

別に嫌味があるわけでなく、素直な感想なのですが、時々、ハッとさせられます。
日本人は、この言葉から考えさせられることがたくさんあるでしょう。

今日のニュースで、過労死防止策が取り上げられていていました。

過労死:ゼロへ数値目標 大綱素案まとめる – 毎日新聞

そもそも、「過労死」を問題にしている国が、先進国の中でも、日本くらいだと思われます。

日本の男性の労働時間はフランスの2倍、5年間で過労死2,253人、さらに長時間労働規制なくす安倍政権(井上伸) – 個人 – Yahoo!ニュース

日本社会が教訓にすべき摂理の御言葉。

肉は弱くて、心が願っても、痛み、病気になり、弱って、限界以上はできない。
肉は弱いから、無理がかかるほどにしないで、「持続的に」しなければならない。

肉は故障したらできない。

肉体は器具だ。
だから毎日修理し、点検し、絶対に無理がかかるほどしてはいけない。

肉は精神でないから、精神が望む通りに全部やったら故障する。

(2012年7月12日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

「死ぬまで、無理して働いてはいけない」とは当たり前のことだけれど、その当たり前のことが成されていない日本社会が、病的な社会であることは否定できないでしょう。

度が過ぎるほど、働き、働かされる日本社会が変わることを願っています。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆