日韓国交正常化50周年


昨日 2015年6月22日は、日韓国交正常化50周年でした。

「近くて遠い国」と言われてきた韓国。

摂理にいると、韓国が「近い国」になるのだと思いますが、摂理に来る前から、何かと韓国と関わりがあったLunaは、韓国が日本に対して思っていることを、包み隠さず、見聞きすることが、少なくありませんでした。
それで、個人的には、10年ほど前から、日本人は、もう少し、歴史の勉強をしっかりした方がいいだろうと思っております。
海外へ行くと、歴史を含めて、日本人の自国に対する無知が滑稽に見えるものです(*_*)
(Lunaも、もっと勉強しろ!という感じですが・・・苦笑)

最近は、日本の若者の間では、韓流スターの安定した人気が続いています。
しかし、政治の問題は、未だ晴れませんね。
それでも、戦争することなく、韓国国交正常化50周年を迎えることになったから、本当に感謝すべきことでしょう。

この平和が守られてきたのは、何ゆえか。
いつの日か、研究される時代が来るのかなぁ・・・☆

50周年を起点に、更なる平和に向けて、日本と韓国の新しい歴史が刻まれることをお祈りします。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆