ロシア・エルミタージュ美術館で「樂焼」展示会を開催


かの有名なロシアのエルミタージュ美術館で、今、日本の樂焼(らくやき)が展示されているそうです!!

エルミタージュ美術館で京都「樂焼」展示会 NHKニュース

7月11日〜9月初旬まではサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館で開催していますが、9月下旬〜11月中旬は、モスクワのプーシキン美術館に場所を移すようです。

詳細は、こちら。

国際交流基金 – 「樂-茶碗の中の宇宙」展 7月より、ロシアの2大美術館・エルミタージュ美術館、プーシキン美術館で開催

樂焼は、キリスト教と関わりのある千利休が依頼した茶碗に始まると言われています。
摂理の教会に通う者としても興味深く、Lunaも是非行ってみたいです。
ロシアにフライトないかなぁ〜と甘い期待。。。笑

日本の航空会社からは、JALも協力している本展示会。
日本の文化が世界に伝わっていくのは嬉しいですし、こういった企画を航空会社がサポートしているのも、業界人としては、とても嬉しいです(*^_^*)

今年で日露和親条約から160年。

平和であってこそ、民間の飛行機を飛ばせるし、こういったイベントを開催できます。
平和が守られますように。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆