平和と愛ー日韓国交正常化50年


19日、日韓国交正常化50周年の記念式典が開かれました。
今年はイベントもたくさんありそうです。

日韓国交正常化50年で式典 NHKニュース

日本と韓国。

両国の歴史的な関係は、決して順風満帆ではなく、今も未解決の問題が残ります。

国際的に見れば、日本は加害者であるし、日韓問題が報道される度に、悲しく泣いた学生時代。

平和とは、何だろうか。
どうすれば、平和が成されるのだろう。

というLunaの大きな疑問に答えてくれたのが摂理の御言葉でした。

<平和>は<愛>だ。
<愛>さなくては<平和>はない。

相手が間違っても、とにかくまずは愛さなければならない。
これが本当の「愛」だ。


(2014年12月26日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

日本人はその感覚がわからないのかもしれませんが、最近の若者ならともかく、日韓国交正常化以前に生まれた韓国人達が、日本を愛することが、どれほど難しいことか、忘れてはいけないと思います。
(Lunaは純日本人ですが。念のため。)

鄭明析先生も、同じく、そのような時代に生まれた韓国人でいらっしゃるから、先生の言葉が一層胸に響きます。

国交があり、平和であるから、今日も日本と韓国の間を民間飛行機が行き来するし、CAという仕事が存在することに、もっと感謝するきっかけにしたいと思います。
そして、愛の溢れる世界になるように、機内でも、もっと祈ります☆

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆