江戸時代のキリスト教弾圧史料をバチカンで公開


Lunaがバチカンを訪れたのは、まだ摂理に来る前の、学生時代の時。
今から何年前になるのでしょうか。
・・・カウントするのは辞めておきます(笑)

キリスト教において、世界最大級の規模を誇るサン・ピエトロ大聖堂には、圧巻されました。
懐かしいなぁ〜
また機会があったら是非行きたいです☆

そんなバチカンの図書館にて、4年前の2011年に、日本の江戸時代のキリスト教弾圧の史料が見つかったのですが、9月11日に、初めてメディアなどに公開されたそうです。

これだけまとまった史料が見つかるのは異例のことであり、2020年までに修復を進めて、世界へ発信していくプロジェクトも検討中の模様。

2020年は、ちょうど、東京オリンピックの年!!

なんだか、いろいろと楽しみですね(*^_^*)♪

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆