阪神淡路大震災から21年


この摂理ブログ読者の中には、当時まだ生まれていない方もいらっしゃるでしょうか。

阪神淡路大震災から昨日で21年が経ちました。

6000人以上の方が亡くなった阪神淡路大震災ですが、死者・行方不明者が15000人以上だった東日本大震災(2011年3月11日)の影に隠れるようになったのか、それとは関係なく歳月が流れたからか、人々の記憶の片隅に追いやられていっている印象も受けます。

せめて、私達が日々、当たり前のように思っている生活が、決して当たり前ではないのだと、考えさせられる日として受け継がれていきますように。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆