マレーシア航空機不明から2年


2014年3月8日、クアラルンプールから北京へ向かうマレーシア航空機が行方不明になってから、まもなく2年が経ちます。
去年、翼の一部がインド洋で見つかりました。

飛行機を教会に例えると、

管制官は、主であり、
機長は、牧会者であり、
CAは、中間指導者であり、

主とのやり取りが途絶えたら、教会が方向性を見失い、民たちが死んでしまうから、指導者達が本当に一生懸命、主と疎通を図らなければならないと、摂理の現役CAとして、衝撃的に悟った事件でした。

これは、飛行機や教会の話しにとどまることなく、国や様々な組織に例えて考えることもできると思います。

一歩間違えたら、命の危険といつも隣り合わせの航空業界。

とよく言われるけれど、元来、どんな仕事も、人の「命」と関わる重要な側面を持っていることと思います。

この事故から何を考えるべきか。

どんなことも、他人事と思ったらそれまでですが、各自が考えるべき何かが、本当はあるのかもしれません。

今日まで安全にフライトできたことに感謝して、Luna自身、考えるべきことを深く考えたいです。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆