ブリュッセル空港テロ事件


「Lunaちゃん、今日はどこにいますか?」

ブリュッセル空港のテロ事件を受けて、RIOさんが心配をして、連絡をくださいました。

大丈夫です。
Lunaは、ブリュッセルにはいません。
ヨーロッパにもいません。
今日は、日本にいます。

ほっとひと安心されたRIOさんの姿が、主の姿に重なりました。

いつ、どこで、自分の命が危険にさらされるか、予測不可能な時代。
世界を飛び回っていると、より危険にさらされているのかもしれないですね。

そんな中で、Lunaが今日も生きているのは、主が祈ってくださっているからだし、秩序の乱れた世界を見て、一番心を痛めて、誰よりも人々の安否を心配されていらっしゃるのは、主だと思うのです。

毎日、当たり前のように訪れる平和。

それが、当たり前ではないことに、もっと感謝しなければなりません。

パリのテロに続き、ブリュッセルのテロで、ヨーロッパはとても物騒だと、ドイツの摂理人からも連絡をいただきました。

1日も早く、世界に平和が訪れますように。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆