長崎原爆投下から71年経って


8月になると、子どもの頃に見た、戦争を題材にした、映画やドラマを思い出します。

「教養のない番組は見てはいけません!」という、素晴らしい親の教育方針(と今になって本当に思います。感謝します★)のもと、あまりTVを見ない子どもだったけれど、夏休みという時期も重なってか、戦争と平和がテーマの映画やドラマは、小さい頃からよく見ていた方だと思います。
自ら見たというよりは、母に、「Lunaちゃん!今日は、○○時から○○という番組があって、これは見た方がいいから一緒に見よう!」と、半ば強制的に見せられました・・・笑
そういえば、高校時代、あまりTVや映画を見ない友達に「Lunaちゃんは、何なら見るの?」と聞かれて、「戦争や平和について考えるのものならば」と答えて、変な目で見られたこともあります・・・苦笑

でも、忘れてはいけないと思いませんか?

戦争と平和。

夏休みの時期。
今日も、飛行機に、笑顔いっぱいの子どもたちが乗ってきて、時々、涙をこぼしそうになるのです。

平和のしるしだなぁ、と。

もちろん、今もなお、戦争や紛争の絶えない国があることを忘れてはいけません。
その国のために、今日も祈りましょう。

でも、この国の戦争は終わった。

知らない国の飛行機による空襲を恐れて、隠れていた日本の子ども達が、今日も笑顔で飛行機に乗って、遠い国へ遊びに行きます。

幸せだなぁ、と。

この幸せが続くように、祈りましょう。

今年は、オバマ大統領が、アメリカの大統領として初めて広島を訪問しました。
核廃絶と平和に向けて、大きな進展があった年として、記録されることと信じます。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/news1/4598
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆