ビアトリクス・ポター生誕150周年記念 ピーターラビット展


イギリス好きには見逃せないピーターラビット展が、ただいま東京で開催中です。

 


画像  
ビアトリクス・ポター生誕150周年記念 ピーターラビット展 より

この後、全国にも巡回するそうで、楽しみです!

ビアトリクス・ポターの生涯は、ちょうど10年前の2006年に『ミス・ポター』という映画にもなりました。
ビアトリクス・ポターが生まれた、イギリスの湖水地方は、とても美しい場所で、Lunaがイギリスで一番好きなところ(*^^*)

大学時代、名誉教授が、後世に残るようなアイディアは、幼い頃から自然に親しみ、豊かな情緒を育むことによって生まれる、とおっしゃっていたのですが、本当にそうだと思います。
自然万物を通して、神様がアイディアをくださるものだと思います。
ピーターラビットは、今や、世界の人気者ですが、動物がキャラクターになるのは、当時、斬新なアイディアでした。

神様がくださったものは、滅びない。
鄭明析先生も、田舎で育ちました。
150年後、摂理の展示会もきっと開かれると期待します(^-^)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆