摂理で学ぶメディアリテラシー教育ー情報社会を生き抜くために


NHKの報道番組「クローズアップ現代」で、やらせがあったと、あちこちで騒がれていますね。

NHKも報道機関であれば、騒いでいるメディアも報道機関。
その報道のままに流される民衆を見ては、報道が社会的に大きな力を持つことを実感せざるを得ません。
国の権力は、「立法」「行政」「司法」と大きく3つの「三権」と捉えるのが一般的ですが、これに「報道機関」を加えて「四権」と呼ぶこともありますよね。
「第四権力」とも呼ばれる報道機関の威力は、本当に恐ろしいと思います。

多種多様な情報が錯綜する現代社会において、情報を発信する側である報道機関が、発信する情報の真偽について、確認に確認を加えて、確実な情報を民衆に提供するのは、いわば、報道機関の責任でしょう。
一方で、メディアから情報を受信する側である私たちも、情報も鵜呑みせず、こちらもまた、確認に確認を加えて、冷静沈着に判断する必要があると思います。

見たとおりに聞いたとおりにそのまま行なわないで、必ず、分別し、確認して、行ないなさい。

どの貝に真珠が入っているか分からないから、まず貝を開けてみて、その中に真珠があるかないか、確認しなさい。
そのあと真珠が入っている貝は受け入れ、ない貝はないと不信するのだ。

確認したあとに決定だ。

(2014年1月29日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

イギリスやアメリカでは、メディアリテラシー教育が、数十年前から教育現場で取り入れられていると聞きます。
日本でも、今後、積極的に取り入れられていくといいですね。

でも、摂理人たちは、メディアリテラシー教育を受けずとも、日々、鄭明析先生から、自然とメディアリテラシー教育を受けているようです(^^)
摂理で多くの知恵を得られることに本当に感謝しています。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/news1/610
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆