ヨーロッパのイースター


キリスト教で大事な祝祭の一つがイースター(復活祭)ですが、イースターの時期になると、お店がイースター模様になります。

キリスト教の国ではない日本でも、クリスマス(キリストの生誕を祝う)やハロウィン(秋の収穫を祝い悪霊を追い出す)など、キリスト教のイベントはおなじみですが、イースターはまだあまり定着していません。
もっとも、これらの行事に込められた深い意味もわからず、海外文化の雰囲気に便乗したり、企業の商法に用いたりして、簡単にイベント化するのはどうだろうか??というのが、摂理に来る前からのLunaの見解ですが・・・(^^;)笑

どうやら、最近はヨーロッパでも、国や家庭によっては、イースターの宗教的な意味合いが薄れてきているようです。

   

 うさぎとたまご。
うさぎは子孫繁栄、たまごは豊穣のシンボルという説も。

復活祭とは、本来、イエス様が十字架で亡くなって3日後に、復活されたことをお祝いする日です。

死人がよみがえる?
復活って、結局、どういうこと?

世界的には、若者のキリスト教離れが進んでいる聞きます。
科学も進み、時代も進んだから、これらの疑問に答えられなければ、若者のキリスト教離れは進行し、イースターも、その宗教的な意味合いは、なくなっていってしまうのかもしれないですね。

これからの時代のイースターは、各国で一体どのように迎えるようになるのでしょうか。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆