摂理・鄭明析先生と中東和平


2014年6月8日、ローマ法王のフランシスコ法王が、イスラエルのヘレス大統領と、パレスチナの暫定自治政府のアッバス議長をバチカンに招き、祈りの式典を行う御働きが起こりました。
キリスト教徒とユダヤ教徒とイスラム教徒の代表が、共に祈りを捧げたのは、ほぼ間違いなく、初めてのことだそうです。
今も先生はどこにいても「御子の肉」になって行なうので、ここで祈っても、地球世界と各民族に奇跡が起こり、地球世界のみんなが善か悪かで行なったとおりに受ける御働きが毎日起こります。
(中略)
先生は毎日祈ります。
世界の国防、政治、国会、判事、検事、経済、宗教、偶像崇拝、異端の宗教、言論人たち、腐っている芸術の世界、異性の世界、愛の世界、詐欺師たち、暴力者、テロ集団、悪人たちのことを祈って、神様と御子に漏らすことなく告げて、彼らの罪を悔い改めます。
そして平和にしてくださいと願い求めます。
本人たちも自分の罪を分かって悔い改めるように、聖霊が感動を与えてくださいと祈ります。
また、全人類のすべての人たちが感動を受けて、毎日神様のところに戻ってくるようにしてください、と願い求めています。
代表者が責任を持って祈ります。
神様は代表者の祈りを中心にして受け取り、祈ったとおりに行ないます。
(2014年3月16日 命の日 摂理・鄭明析先生の御言葉)

中東問題(パレスチナ問題)は、政治学上も、その解決策を見出すのが極めて困難であり、現在も未解決の問題の1つです。
今も、毎日、テロや紛争が起こっている中東で起こった、今回の出来事は、歴史に記される「奇跡」の1つとなることでしょう。
世界が、少しずつ良い方向に傾いていることに希望を持って、私たちも、先生と同じ心情で祈らなければと、私たちの足りなさを悔い改め、行なうための決意を実らせるニュースでした。
Luna
【参考】
NHK NEWS WEB「ローマ法王が祈り、中東和平を促す」2014/06/09
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140609/k10015068851000.html
CNN.co.jp 「イスラエルとパレスチナ首脳、バチカンで平和の祈り」2014/06/09
http://www.cnn.co.jp/world/35049106.html
バチカン放送局 「教皇フランシスコ、パレスチナ・イスラエル両大統領と共に平和祈る」2014/06/09
http://ja.radiovaticana.va/news/2014/06/09/
カトリック新聞オンライン「聖地の平和祈る」2014/06/11
http://www.cathoshin.com/2014/06/11/holy-land-peace-prayer/

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆