今すぐ読みたい1冊ー堀江貴文氏『多動力』


昨年大流行した、堀江貴文氏の『多動力』をみなさんは、もう手に取りましたか?

最近あった、摂理での、ある日の出来事。

Aさんが、誰かにある仕事を手伝ってほしかったようで、Bさんに

「忙しい?」

と聞きました。

「えっと・・・まぁ。でも、自分次第だと思います」

と答えました。

すると、Aさんが

「多動力っていう本、読んだ方がいいよ」

と!
その本を読んで、仕事を手伝ってね、という意味でしょうか。笑

すると、さすがBさん、

「もう読みました!」

やはり、デキる人は、違います☆(ちなみに、Lunaは、まだ読んでいない・・・(-_-;))

ちなみに、その仕事は、Bさんではなく、なぜかLunaが少しお手伝いさせていただくことになったのですが、
本質は、Aさんが、自分の仕事を手伝ってほしいから、この本を読んでと言ったわけではなく、
もっとみんなの能力が高くなるようにと、願って言った言葉だと、念のため記載しておきますね。笑

読んだら、ブログでも取り上げようかな、と思います☆

こちらも参考になりそうです^^
堀江貴文氏「多動力こそが最も重要な能力だ」ー「1つの仕事をコツコツと」では負け組になるー東洋経済オンライン 2017年5月29日

摂理の中と外とでは、大切にしている価値観が、違うこともあります。
聖書で言われていることと、著名人たちが語ることと、全てが同じではないです。

でも、摂理の中でも外でも、デキる人の共通点って一緒だな、と最近とても感じます。
結局、デキる人がどれくらいいるか、言い換えれば、指導者の力量によって、組織の運命も、国の運命も左右されることを痛感するしかありません。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/news1/8210
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆