Twitterで「いいね」を押して解雇されたホテルマン


このニュースに衝撃を受けました。

Hansen: Omaha man ‘liked’ a tweet, and then he lost his dream jobアメリカのマリオットホテルに勤務し、ホテル公式Twitterの運営を任されていた男性が、「マリオットホテルがチベットを中国とは別に国名リストにのせていることに感謝する」とのツイートに誤って「いいね」を押してしまったことにより、顧客が炎上。
中国はチベットの独立を認めていないため、国際問題にも発展しかねず、この男性はホテルを解雇されてしまった、という話しです。

ポイントは、「誤って」押してしまったということ。
ホテルの判断が正しいのか、難しいところだと思いますが、SNSの使い方を本当に気を付けた方がいい時代だと、改めて感じました。
SNSによって、情報収集したり、多くの人々と繋がったりするメリットもあれば、SNSによって、職や信頼を失いかねない事態にもなり得るということ。
十分に踏まえて、賢く、慎重に使う必要がありそうです。

Lunaも、摂理の現役CAとしてインターネット上で発信していくにあたって、ブログに書く内容、SNSに発信する内容に、とても気をつけてはいますが、
あまり気にすると、言論の自由が奪われると言いますか、ブログを閉鎖しようかな、という考えにも何度か至るようになりました(*_*)
特に今年は、その考えが強まりました。
別に、何も悪いことはしていないのですが(笑)、世間的にあまり知られていないか、認められていない宗教を信仰しながら生きていくって大変だな、と感じています。
なぜなら、意図せず、誤解もされる事故が起こるかもしれないから。

でも、だからと言って、発信しない選択が最善だろうか。

考え込みます。

言論の自由が奪われてはいけないと思います。
でも、ともすると、言論の自由が奪われかねない。
今、そんな時代に、生きている気がする。

イエス様の時代はもちろん、時代が分岐点を迎える時には、いつの時代も、世界中で、そうだっただろうか。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/news1/8269
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆