ウィットな鉄道会社ージャカルタ行き♪


心がほっこり温まるニュースを目にしました!

読売オンラインより

JR武蔵野線の列車、行き先「ジャカルタ」表示

2018年4月7日 15時10分

新潟に向かう「ジャカルタ」行きの列車(3月30日午前、千葉県習志野市の新習志野駅で)=鈴木毅彦撮影

行き先を「ジャカルタ」と表示した回送列車が3月以降、千葉市から新潟市に向けて走っている。

日本での役割を終え、新潟の港からインドネシアに輸出される中古車両の活躍を願い、JR東日本の社員が表示板を手作りした。粋な心遣いが、沿線住民や鉄道ファンの間で話題を呼んでいる。

千葉県習志野市のJR新習志野駅に3月30日午前9時半過ぎ、機関車に引っ張られた8両編成の回送列車が到着した。最後尾の運転席上部に掲げられた行き先表示は、インドネシアの首都「ジャカルタ JAKARTA」。ホームでは約50人の鉄道ファンが熱心にシャッターを切る。機関車の警笛が鳴り響く中、列車は異国に向けて旅立った。

車両は営業運転を終えた武蔵野線の「205系」。JR東はインドネシアの鉄道会社から申し出を受け、2020年までに、1985年~91年の製造で更新期を迎えた336両をこの会社に有償で引き渡す。3月2日から順次、千葉支社の車両センターから出発させている。

ジャカルタ行き!!
ジャカルタとは、本来、空の旅先★
それが、電車の行き先になるなんて(^∇^)

航空会社という、同じ公共交通機関で働く者として、鉄道会社のユーモアに笑顔が溢れました。

ジャカルタと言えば、道路がいつも混んでいる印象です。
インドネシアのインフラに日本がお役に立てるならば、とても嬉しいですね!!

新宿行きとかっていう飛行機も飛ばないかな〜笑

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/news1/8283
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆