読書の習慣


ふらりと立ち寄った本屋さんに魅力的な本がたくさんあったので、衝動買いか!?笑

今日は、3冊買いました☆

『時間術』は、全ての分野で働く人達が身につけた方がいいものと思われます。

摂理のバイブルスタディーの中でも、初級で学ぶのが、ヨシュアが時間を治めて成功した話し。

しかも、この本、「神」て、ついてるし!笑

『君たちはどう生きるか』は、「時代を超えて読み継がれるロングセラー」というキャッチコピーに目が止まりました。

時代を超えて読み継がれるロングセラーで、世界のベストセラーは聖書であることは有名ですが、どう生きるべきか、人生について悩める人達がたくさんいるから、こういう本が売れるのだということを物語っていると思います。

真ん中の『接客の一流、二流、三流』は、CAとしての技量を上げるために、業界人として気になった本です。

でも、どんな仕事も、人と人との関係で成り立っているわけですから、時間術と同じく、接客スキルって、誰もが身につけて損はないものでしょう☆

もともとLunaは、小さい頃から超〜読書家でしたが、摂理に来てから、あまり本を読まなくなりました。

そんな期間も必要だったかもしれませんが、聖書と御言葉を土台にしながらも、今年度の目標の1つは、本をたくさん読むこと\(^^)/

世の中には、良質な本がいっぱいあるから、それらを研究することもとても大事だと最近痛切に感じています。

読んでみて、必要に応じて、またブログでも感想など、取り上げてみますね!!

ちなみに、毎日、聖書7章も欠かさず読むのが日課です。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/news1/8294
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆