コロナウイルス


またまたご無沙汰しております。

連日コロナウイルスの件で大変な時期ですね。

皆様いかがお過ごしですか。

海外を飛び回り、人混み溢れる空港を行き来するCAのことを心配してくださる声もあちらこちらから聞きますが、私は元気にしております^ ^

仕事の特性上、自身が感染しないことももちろんですが、自身が感染源にならないよう努める毎日です。

摂理では、今週の日曜日から、史上初のモバイル礼拝(教会に集まらず、各自の家庭にて、スマホでインターネットに繋げて捧げる礼拝)を実施するようになりました。

この件が韓国のニュースに取り上げられたそうで、摂理ブロガーRIOさんのブログ記事をご紹介致します^ ^

NEWS】キリスト教福音宣教会の素早いコロナ対応 好評

ー摂理NAVI 猫でもわかる摂理の真実

モバイル礼拝に加えて、摂理では、感染拡大の被害を避けるため、海外を出入りしたメンバーは、コロナウイルスの潜伏期間2週間は、教会出入り禁止はもちろん、メンバーとの個別接触も控えるようにという指針が、既に2月中旬に出されました。

これにより、国際線CAは、事態が終息するまで、メンバーの誰とも会えない閉じこもり生活が決定しましたが(>_<)

命を守るための、神様の最善の策ですね^ ^

最近、休みの日は、礼拝使命と、バイブルスタディーの講義に追われる日々で、それをやり甲斐に思って信仰生活を送っていたところがありましたが、一気に、やることがなくなりました。笑

一瞬力を失いかけましたが、この期間は、むしろ、今まで蔑ろになりがちだった、自分に投資できる最高の期間!!

自身の信仰生活を見直し、改める(復活させる)いい機会と受け止めたいと思います☆

聞いた御言葉をアウトプットする場所がなくなったゆえ、最近、講義が忙しくて書けていなかったブログも復活するでしょう。笑

摂理での活動は自粛しても、フライトは変わらずしておりますので、先程も記載したとおり、自身が感染源にならないよう、最大限注意を払っております。

事態が早く終息し、平和な毎日が訪れることを祈るばかりです。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆