摂理人の兄弟愛


今日はひな祭りでしたね!
Lunaは、手毬寿司を作ってみました~!
誰のためにか?
もちろん、神様・聖霊様・御子のためです。
そして、兄弟姉妹のためです。
(※注意:家族のことではなく、狭義では摂理人のことを、広義では全人類を「兄弟姉妹」と呼んでいます。)
最近、御言葉を聞き始めるようになったある方が、今日は仕事の後に、御言葉を学びに来たので、摂理人数人で迎えて、一緒に讃美し、お祈りし、御言葉を伝え、最後には食事を共にしました。
摂理では、このようにして新しい人を迎えて、兄弟姉妹で恵み深く対話をする時間を大事にしています。
兄弟愛。
その意味は、とても深いものです。
天と兄弟が別々に存在するのではなく
天の中に兄弟が入っているし
兄弟の中に天が共にするから
天への愛が兄弟愛であり
兄弟愛が天への愛だ。
(摂理の御言葉 「天への愛と兄弟愛の根本の意味」)

兄弟の中にいる聖三位をいつも感じれたら、どんなにいいことでしょうか。
感じることができないから、争いが絶えません。
地球世界にいる全ての人たちの中に、聖三位を見つけられますように。
Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆