デカルトも読んだ名書『聖書』ー摂理CAのフライトグッズ


最近、Amazon Kindleの広告で、こんな言葉が取り上げられていました。

「良書を読むということは、その著書である過去のすぐれたひとたちと会談するようなもの」

近代哲学の父デカルト(1596〜1650)が『方法序説』の中で残した言葉です。

良書と言えば、『聖書』。

と言うと、いかにも、摂理人っぽいと思われそうですが(笑)、実際、世界のベストセラーは『聖書』。
日本では、良書としてあまり知られていないなかもしれませんが、デカルトも読んでいた『聖書』は、摂理人として、というよりは、現代人として、気になります。
世界を飛び回るなら、尚更、気になります。

なので、Lunaのフライトグッズに、『聖書』は欠かせません!

Lunaのつたない摂理ブログ運営より、お察しの方もいらっしゃると思いますが、Lunaは、摂理CAの日常をインターネットで発信している割には、未だに電子書籍より紙が好きなアナログ派・・・笑
しかし、『聖書』は、紙で持ち運ぶと、結構ボリューミー(・・;)
だから、電子書籍には、お世話になっております。
なぜなら、いつも飛び回るCAにとって、荷物をいかにコンパクトにするかは、重要事項の1つなのです(*_*)
電子書籍ならば、コンパクトにまとまるので、便利ですよね!

紙ではなく、電子書籍で本を読めるようになったのは、神様が人類に与えてくださった文明の恩恵。
感謝して、享受したいと思います☆

みなさんは、デカルトの言葉を受けて、何を読まれますか(^-^)??

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆