私の先生ー「師の日」に感謝する摂理・鄭明析先生


今日は、韓国では、「師の日」でした。
お世話になった恩師たちに、感謝を伝える日。

みなさんならば、どなたに感謝を伝えますか?

人の数だけ、恩師もいるのかもしれませんね。

Lunaは、摂理・鄭明析先生に感謝する日になりました。

人生をどのように生きていくべきなのか、露頭に迷っていたLunaに、道を示してくださり、
暗い世の中に絶望していたLunaに、希望の光を感じさせてくださり、
愛の冷え切った世の中で、愛に飢えかわいていたLunaに、真実な愛を教えてくださり、

生き地獄のように辛かった人生を、天国のような幸せな人生に変えてくださったのは、ただ、鄭明析先生だけでした。

私の先生、摂理・鄭明析先生。

「師の日」だけでなく、これからもいつも、毎日感謝して、今度は、Lunaが、鄭明析先生のような先生になれるように、もっと成長します!

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆