貯金・貯蔵する生活


5月に体調を崩して、約1か月ほど落ち着かない日々を送っていましたが、おかげさまで、だいぶ元気になりました(^o^)
油断はせず、体調管理にしっかり努めたいと思います☆

先日1か月ぶりにスポーツクラブに行きました。
1か月も運動していなかったから、相当体力も落ちて、体がなまってしまっただろうなぁ・・・と思っていたのですが、意外にも、スムーズに体を動かすことができました。

インストラクターより一言。

「1か月ぶりでも、問題なく体を動かせるのは、Lunaさんが、普段継続して運動していたからですね。これでずっと運動をやらなかったら、もちろん体力が落ちてしまうのですが、日ごろ積み重ねていたものがあると、しばらく運動することができなくなってしまっても、復帰するのが早いものですよ」

インストラクターが言うに、「筋肉貯金」。
筋肉も、貯金があると、何かあった時に重宝します。

このように、万事、全てがそうなのだと思います。

<やりたい気持ち>はどこから来るか。
「自分が行なったところ」から来る。
つまり「自分に貯蔵されたところ」から来る。

「自分が行なったもの」がなければ、なかなかできない。

(2015年6月15日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

若くて元気な時に、コツコツ貯金・貯蔵して、「自分が行なったもの」をたくさん蓄えておくことが、いつの日か、人生を大きく左右していくのかもしれませんね。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆