神様だけを見つめる摂理・鄭明析先生の精神


みなさん、摂理のポータルサイト「マンデー」は、ご覧になっていますか?
こちらのサイトに「霊感の詩」というコーナーがあります。
鄭明析先生が書かれたしで、万物や人間という素材を通して、神様を証しています。
Lunaの好きな詩の1つをご紹介しましょう。
「心の中」
十尋(とひろ)の水の中は分かるけれど
一尋(ひとひろ)にもならない人の心中(しんちゅう)は
分からないといった  
一尋(ひとひろ)にもならない人の心中も
分からないのに
一億万尋をも超える神様の心中を
誰が分かるだろうか  
しかし、誰でも
神様の心を受けるなら
人の心だけでなく
神々の心まで分かり
一億万尋をも超える
神様の心中も
分かるだろう
(摂理・鄭明析牧師 霊感の詩2集より)

ひたすら、神様だけを見つめる鄭明晰先生の心が素敵です。
人々は、よくこう言うそうです。
鄭明析先生と同じような精神を持っている人は、他にもたくさんいると。
Lunaは、小さい頃から、本が大好きでした。
著名人たちの伝記をたくさん読みました。
確かに、どんな困難に打ち勝っていく、強い精神の持ち主は、過去にも、世界にたくさんいたことでしょう。
でも、鄭明析先生のように、自分のことは置いておいて、ただ神様の心中だけを分かろうと、努力し続ける方は、Lunaの知る限り、他にどこにもいません。
Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆