映画「サン・オブ・ゴッド」を観て流した摂理人の涙


2015年1月10日に公開された映画「サン・オブ・ゴッド」。
イエス・キリストの生涯を聖書に忠実に描いた作品です。
2014年2月に公開されたアメリカでは、初登場2位を記録し、3週連続でトップ10入りしたそうです。
日本では、それほど盛り上がっていないですし、既に多くの映画館で公開が終わっていますが、先日、遅ればせながら、Lunaも観に行ってきました。
内容は、聖書に書いてあること、そのままでした。
でも、映像化されているから、文字を読むよりも、脳に鮮明に入ってくるのだと思います。
この映画を観て、Lunaは、あることを深く悟りました。
それは
「神様の愛の深さを、どれほどわかっていないか」
「十字架にかけられた主の悲しみを、どれほどわかっていないか」
「天の心情を、どれほどわかっていないか」
ということ。
宗教映画の考察は、人それぞれでしょう。
この映画を観て何を思うかも、人それぞれでしょう。
けれど、少なくとも、誰にとっても、私たちが何か大切なものを忘れてしまったのではないか、ということを、考えさせられる映画だと思います。
忘れたら死ぬ。
ーこの御言葉を「恋人」のように胸に抱いて持ち歩いて守りなさい。
この御言葉は「武器」になり、「青銅の城壁」になって、あなたを守ってくれ、「祝福」になり、「畑に隠してある宝」を見つけさせ、「御子と主」になって、一人でいてもあなたを守って生かす。
(2015年1月24日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

私たちが忘れてしまったもの。
たくさんあることでしょう。
それが何であるのかを悟って、この時代に必要な「宝」を見つけることができるように、今日も祈ります。
Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆