摂理の教会で感じた「相談」不足の落とし穴


最近、教会について、Lunaが思うことがありました。
Lunaが感じるに、随分深刻な問題でした。
お互いうまく疎通が図れていなくて、教会運営に支障をきたす(というより、既に支障をきたしている)と思えてなりませんでした。
組織がうまく回らないから、個性が活かされず、甲斐を感じられません。
そのことが、メンバーの精神的な面にも影響を及ぼす(もしくは、及ぼしている)懸念があって、ある方に意見をお伝えしたら、こう言われました。
「全般的に相談不足ですね。いや、大変申し訳ない(>_<)」 的確にまとめてくださったその一言で、 あー本当にその通りだ・・・ 一言で言えば、「相談」不足。 「相談」がどれほど大切か。 と、鄭明析先生の御言葉を思い出しました。 親や兄弟にいつも関心を持って対話しなさい。
教会でも互いに関心を持って対話しなさい。
そして相談しなさい。
そうしてこそ平和と和睦が訪れ、味を感じ、甲斐を感じる。
(2014年12月30日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

摂理の教会の話しだけでは、ないですよね。
家庭でも学校でも職場でも、お互いに関心を持って「対話」を重ね、「相談」しなければ、上手な人間関係を営めないのは、誰もが経験済みだと思います。
「相談」不足による誤解が、始めは小さくても、後には大きな問題を引き起こすもの。
もったいないなぁと思います。
必要なことは、然るべき方に、きちんと「相談」する大切さについて、改めて考えさせられました。
Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/165
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆