摂理の教会はこんなところ☆ー明け方から活動する摂理人たち


昨日に続き、キリスト教の学校で育ったLunaの、摂理カルチャーショック徒然です。
教会と馴染みの薄い日本人も多いと思いますが、Lunaは、日本人の中では、そこそこ教会と関わってきたほう。
だからこそ、摂理の教会の賛美歌にカルチャーショックを受けたわけですね。
カルチャーショックは、賛美歌だけではありません。
ブログ上では限界があるので、その全てをお伝えするのは、摂理にいらしてのお楽しみにさせていただきますが(笑)、その1つは、朝早いこと!!
実は、聖書の人物もみんな、早起きなのですが☆
ヨシュアは朝早く起き、イスラエルの人々すべてとともにシッテムを出立して、ヨルダンに行き、それを渡らずに、そこに宿った。
(旧約聖書:ヨシュア記3章1節)
朝はやく、夜の明けるよほど前に、イエスは起きて寂しい所へ出て行き、そこで祈っておられた。
(新約聖書:マルコによる福音書1章35節)

夜の明けるよほど前・・・
摂理人たちは、朝1時から祈ったり、朝4時から活動したりします。
尋常じゃありません。笑
こんな早くから活動する教会、他にはなかなかないでしょう。
そういえば、ある海外のカトリック教会で朝の礼拝を守ったときは、朝7時~でした!
今、流行りの朝活だって、せいぜい朝5時か6時から始まると思います。
Lunaも、摂理に来る前から、朝4時起きはよくあることだったのですが、さすがに1時はありませんでした。
「そもそも1時って朝なの!?」という疑問から始まります。笑
CAは、朝4時起きどころか、3時起き、2時起きも少なくありません。(でも、やっぱり1時はないかな。)
しかし、そんな日には、どんなCAも「あ~眠い(+.+)(-.-)(__)..zzZZ人間が起きる時間じゃないわぁ・・・なんで、こんな早く起きなければいけないのか(´・c_・`)」とブツブツ文句を言いながら出かけます。笑
みんな、自分で選んでCAという仕事をしているのに、勝手な話しですね(–;)笑
だから、朝1時や2時や3時や4時にパッ!と起き、文句も言わずに教会へ行き、祈って、天の仕事をする摂理人たちの強靭な心と体には、脱帽するしかなかったのでした。。。
時が時だ。
今、起きられなければ、起きられない。
明け方にも起きるべき時がある。その時に起きられなければ起きられない。
明け方に起きるべき時に起きなければならないように、万事すべてのこともすべき時がある。その時に打ち勝って、必ずしなければならない。
(2014年9月12日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

毎日、朝早くから時をつかむことと、人生の時をつかむこと。
その深い関係性を悟れるようになりたいです。
なまけ者よ、いつまで寝ているのか、
いつ目をさまして起きるのか。
しばらく眠り、しばらくまどろみ、
手をこまぬいて、またしばらく休む。
それゆえ、貧しさは盗びとのようにあなたに来り、
乏しさは、つわもののようにあなたに来る。
(旧約聖書:箴言6章9節)

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆