精神を集中してやるということー摂理ブログの行く末


最近、Lunaの摂理ブログの記事の「質」が落ちた気がしていました。
皆さんが、どのように思っていらっしゃるかは、わかりませんが、少なくとも、書き手であるLunaはそう思っておりまして、これから、ブログの方向性をどうすべきだろうかと考える日々が続きました。

言い訳をさせていただくと、最近、あまりにも忙しかったのです。
それで、実際、以前よりもブログを書くところに<時間>を投資せず、また<考え>もそちらの方には集中せず、適当に書いていたのも事実・・・(爆)
だから、「質」が落ちて、当然ですよね。

また読者の皆様は既にお気づきかもしれませんが、過去記事よりも、ここ最近は、鄭明析先生の御言葉の引用が極端に減りました。
Lunaの摂理ブログの記事1つ1つに、摂理の御言葉がないから、「質」が落ちるのも当然のこと。
それなりに<質>の高い記事を書こうとすると、それなりに御言葉の研究をしなければならず、時間がなかったとは言え、こちらも手抜きの証拠だと思います。
悔い改めます(;_;)

この状況からどうやって抜け出そうか?と思った時に、聞いた御言葉があったのですが、やはり、答えは御言葉にありました。

それは、「集中」!!

「精神」はちょうど体の地からと同じだ。
重いものを持ち上げるとき力を一倒させなければ持ち上げられないように、精神を集中しなければ、どんなこともちゃんとできない。
(2013年6月7日 摂理・鄭明晰牧師の御言葉)

このブログが「摂理ブログ」である限り、摂理の御言葉がなければ、死んだブログだということを、ここ数日で、痛切に感じるようになりました。
(当たり前すぎることなのですが。)

精神を集中してやれば、走って行くように秒速で行なうけれども、精神を緩めて行なえば、歩いて行くように低速で行なうようになる。
(2013年6月8日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

今は、すべきことをチーターのように速く行う人材が、求められている時代です。
限界は「集中」で突破し、「集中」の強度を高めて、もっと次元を高めていきたいです☆

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆