アニメで賛美♪主の帆掛船


摂理のメンバーから、ある日、着信。

「動画ができました!」

早速、Lunaはもちろん、教会のメンバーで見て、それはそれは感激しました。

「音楽」と「漫画・アニメ」と「宗教・キリスト教」がコラボした新しい作品。
神様は、芸術の神様。
こういった作品がもっと増えたら、子育てにも、とってもいいなと思いました☆
音声は韓国語、表記は日本語なので、語学の勉強にもなりそうですね(^^)
無限大に、子どもの教育の可能性を感じました*\(^o^)/*

主の帆掛船。

是非、聞いてみてください~♪

摂理の芸術人Minoriさんの摂理ブログ摂理の彩りもオススメ!

<主の帆>をつけずに手で櫓を漕いで行く人は、大変な思いをして、苦労し、「遠い遠い365日の信仰の航海、生の航海」をしなければならない。
だから大変で、「1年の航海」をやり遂げることができず、「自分の目的と御心」を成せない。

しかし「主の帆」をつけていく人は、易しく「365日の信仰の航海、生の航海」をして目的地まで行き、その力で「自分の目的と御心」も成す。

(2015年1月26日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆