Lunaの魂体活動その③母の仕事の仕方


溜まっていた仕事があって、集中して、その仕事をするようになりました。
朝起きて、朝ご飯だけは食べたのですが、集中して仕事をしているうちに、昼が過ぎ、夕方になりました。
あともう少しで仕事が終わりそうだったので、あとひと踏ん張り!を繰り返しているうちに、こんな時間に。
集中していた間は、お腹が空いたことも忘れていたくらいだったのですが、ふと我に返って、お腹が空きました。
しかし、あともう少しで仕事が終わりそうだったので、更にあとひと踏ん張りしようとしたのですが、集中力も途切てきたし、お腹も空いたし(2回目。よっぽどお腹が空いてる。笑)、ちょっと一休みしようかな、でも、どうしようと思って、魂体に尋ねてみました。

L:仕事続けた方がいいかな、ちょっと休んでご飯を食べた方がいいかな。

L魂:何迷ってるの?お腹が空いてるなら、ご飯を食べればいいじゃない。

L:うん、そうなんだけど、あともう少しで仕事が終わるから、もう少し辛抱かな、と思って。

L魂:でも、お腹空いてるんでしょ?集中力あるの?集中力がないのに、頑張っても、効率悪いよ。食べたいならば、食べればいいじゃない。

L:はい。

L魂:ところで、何、食べるの?食べるものあるの?

L:あ、そういえば、ないや。作らなきゃ。

L魂:そうしたら、料理も瞬間にできるわけじゃないんだから、お湯を沸かすとか、煮るとか、そうしながら、料理が出来上がるのを待っている間に、仕事もしたら、どう?あなたのお母さんも、そうしてるよ。

こうして、魂体と対話したことにより、ものの30分で、ご飯も完成し、仕事も片付き、ご飯もしっかり食べました!

しかし、「お母さんもそうしてるよ」とは、まるで母が話しているかのようです。笑

のんびり屋のLunaに、小さい時から母がいつもこう言っていたのを思い出しました。

「Luna!私はね、立ってご飯食べるんだよ。ゆっくり座って食べる暇ないの。忙しいの。」

当時は、そんな人生あせくせ生きなくても、ご飯くらいゆっくり座って食べればいいのに、と思っていたのですが、そんな暇すらないから、立ってでもご飯を食べなければ、食べる機会も失うということですね。
そう言って、仕事もしながら、栄養満点のご飯もしっかり作って、子育てをしっかりした母のすごさを感じたのでした。

今は、天母・聖霊様の時代。
魂体との対話も、聖霊様が教えてくださったことです。

やはり、「母」は、すごいです。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/2451
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆