月明洞でのひと時ー子育て


月明洞は、摂理の子ども達も大好きな場所です(^-^)
移動中のバスの中で、ハイテンションになった子ども達のカラオケタイムが始まります。
大声で、月明洞の賛美を歌う子ども達。
いや、歌っているというより、叫んでいると言った方が正しい表現かもしれません(笑)

そんな時に、摂理の家庭局のお母様がこうおっしゃいました。

「もう少し、優しい声で、歌ってみようか(^-^)」

みなさんは、これを聞いて、どう思われますか??

Lunaは飛行機の中で、これまで数多くの叫ぶお子様達と、お子様を囲むご家族達を見てきました。

うるさい!
静かにして!
周りの人に迷惑でしょ!

こんな叱り方もある中で、

「もう少し、優しい声で、歌ってみようか(^-^)」(スマイル付き)

とは、神様の愛を物語っている感じがして、ほっこりしたのでした。

子育てをするなら、摂理にて!!

Lunaが常日頃から思っていることなのですが、月明洞にて、よりその魅力を感じたのでした。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆