「親孝行」と「親が望む道を歩むこと」は違う


昨日、ある摂理の女性信者の方とお話していて、「親孝行しなさい」という話しになりました。

アーメン!!
本当にその通りですね。
Lunaは、摂理に来て、親孝行の大切さについて、よりたくさん考えるようになりました。

例え、Lunaの進む道を反対されたとしても、それでも、育ててくれた親に感謝。

実際、摂理に通うことを猛反対されて、Lunaは約10か月間、全く教会へ行けなかった時期があります。
その時、行きたい教会に行かせてくれない親のことを、イヤだと思えば思うほど、事態はもっと深刻になりました。

その時に、教会に通えず、家で一人寂しく、読むようになった御言葉があります。

親があなたに腹を立たせることを言ったとしても、あなたが幼い時に親にかけた面倒を思い、感謝することはあっても、あなたが親に腹を立ててはならない。
そうやって迫害側に愛で報いた私の姿を示しなさい。
(2011年5月11日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

この御言葉を読んだ時に、ハッとして、どのような状況であれ、親に腹を立てた自分自身のことを省みて、本当に反省し(悔い改め)、その後からは、ひたすら感謝するように努力しました。
そうしたら、失いかけていた親との愛の絆も、徐々に回復し始めて、結局、教会にも行けるようになりました。

そして、生んで、育ててくれた親に感謝して、今でも、いつも親によくすることを心がけています。

しかし、親が望む道を歩んできたかと言ったら、そうではないかもしれません。

ところで、鄭明析先生の弟さんであるポンソク牧師によると、先生は、兄弟の中で、誰よりも親孝行したそうです。
先生よりも、親によくしてあげた兄弟はいなかったということです。
しかし、誰よりも、親が望む通りの人生を歩まなかったのも、先生だったとおっしゃっていました。

つまり、「親孝行」と「親が望む道を歩むこと」とは、似て非なるものということですよね。
とても深い話しだと思います。

ひたすら神様だけを見て、神様の望まれる通りの人生を歩まれた、鄭明析先生。
始めは、ご両親も理解できなかったそうですが、その道がご両親にとっても、最も幸せな道だとわかるようになり、最期までお幸せに過ごされました。

結局、親が願っている道を歩むことではなく、神様が願っていらっしゃる道を歩むことが、最大の親孝行なのだと思います。

全知全能なる、愛の根本者でいらっしゃる神様。
Lunaも、神様の望まれている道を歩むことで、これまでもたくさん親孝行することができたし、これからも、もっとたくさん、親孝行したいです(^^)

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆