人生は感覚だー2時間の時差から悟ったこと


「今、Lunaさん、どこにいるんですか?」

ある日、摂理の可愛いキャンパス生(大学生)Yちゃんから、連絡がありました。

Luna(以下L)「タイだよ~」

Y「今、何時なんですか?」(日本時間22時)

L「20時(ハチジ)だよ~日本は22時(ジュウジ)だよね~」

すると、Yちゃんが予想外の反応をしました。

Y「え!?そんなに時差があるとは!」

え(;゜0゜)!?

Lunaもビックリして、こう答えました。

L「え!?夜の8時だよ!たった2時間だよ!」

そうしたら、Yちゃんが笑ってこう言いました。

「Lunaさんにとっては、たった2時間なのかもしれませんが、私にとっては、2時間は大きいですよ~!」

アーメン(>_<)
なかなか悟り深いご指摘です・・・笑

この時、<感覚>というのがものすごく大きいのだな、と悟ったのでした。

時差のある生活が日常になると、1~2時間の時差は、時差がほとんどないような<感覚>になってくるんですよね。

逆に、日本にずっといる生活をしていたら、1~2時間の時差も、大きな差に感じると思います。
そういえば、Lunaも、初めて時差を経験した子どもの頃は、1時間の時差だけで、大興奮したのですが、その時の<感覚>を、ようやく思い出しました。

私達がどのような生活を送るかによって、知らず知らずのうちに、<感覚>が変わっていくのでしょうね。

信仰も、これと同じくこうなのだと思います。

我々が主を信じて生きても、世の中の側の考えをたくさんすれば、主の感覚が鈍くなって、まるで霧の中の物体を見るようで、主を正しく見分けることができず、考えることもできない。
ある食べ物を食べるとき、その食べ物の味を完全に感じようとするなら、その食べ物だけを食べなければならない。
口の中に2、3種類の食べ物を入れていながらその食べ物を食べれば、感覚が鈍くなって、その食べ物の味を正しく感じることができない。
ただ主だけを心に置いて考えてこそ、主の考えが分かって、分別する。
(2010年12月3日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

この記事のタイトル

人生は感覚だ。

とは、鄭明析先生の御言葉(2010年12月3日)ですが、主の感覚を研ぎ澄ませて、理想的な人生を歩めたらと思います。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆