暗記法の原理ー文章にして覚えよう!


ちょっと面白い御言葉を見つけたので、ご紹介します!!

覚える単語を入れて文章を作ったら、一日に本一冊も覚えるようになる。
暗記法の原理だ。
(2015年11月11日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

ただいま、試験中のLunaに、朗報な御言葉・・・笑

確かに、Lunaが中高生の頃、こういう暗記法を知らず知らずのうちに取り入れていたな、と思いました。
いわゆる「暗記科目」だからと言って、ただ丸暗記するのは、いかがなものかと思って(つまらないし、何しろ頭に入らない)、自分が先生になって授業をしているつもりで(笑)、文章にして唱えながら覚えました。
誰かから教わったわけではないけど、Lunaオリジナル勉強法。
神様が教えてくださったのかもしれないですね。
おかげで、Lunaは、学校の成績は、いつもトップでした☆

そういえば、Lunaの父も、「暗記しようとするから暗記できないんだ。知的好奇心があれば、暗記しようとしなくても、自然と頭に入る」と、よく言っていたな~

精神論だけでなく、実学的な、こういう暗記法まで出てくるところが、摂理の御言葉の面白いところだと思います。

しかし、これを、ただの実学として覚えるのではなく、人生の教訓として、もっと深い悟りを得られるように、お祈りしたいですね☆

そして、この暗記法で、試験も乗り越えます・・・
あーヤバイ・・・

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆