アメリカでリスと出会って


疲れている時には、ぼーっと歩くものだと思いますが(そんなのLunaだけで、みなさんは違ったらすみませんね。笑)、ある日、仕事を終えて、アメリカのとある街を歩いていた時のことです。

きゃー(≧∇≦)リス!
かわいい♡♡♡

  
リスを見つけました\(^o^)/

瞬間、鄭明析先生が、月明洞でリスを飼っていた話しを思い出しました。
2015年5月24日の主日の御言葉です。
主題は「(聖霊)私があなたの体を使って、あなたを通して私の仕事ができるようにしなさい。そうすれば私が一緒に暮らすことができる。」でした。
かわいいリスと一緒に暮らしても嬉しいのに、聖霊様と一緒に暮らしたら、どれほど嬉しいか、という話しでした。

それで、リスを見て、「あー聖霊様だ!」と思ったと共に、「あ、私、聖霊様と一緒に暮らしていない・・・」と悟りました。汗

瞬間、気が他のところに行って、ぼーっとして、一人で生きていることがあります。
そういう時に、<事故>が起こるものだと思います。

忘れたら死ぬ!

これは、2015年1月18日の主日の御言葉の主題であり、今年2015年の格言の一つです。

2015年もまもなく終わりますが、この1年、Lunaは御言葉とおりに生きてきたのでしょうか。

かわいいリスが、さりげなく、しかし大事なことを教えてくれ、悟らせてくれた万物啓示でした。

みなさんは、最近、万物啓示を受けましたか?

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆