クリスマスシーズンに何を考えるか


ハロウィンが終わったと思ったら、クリスマスシーズンになるのが、最近の流れですね。
航空業界も、クリスマスに向けて、様々なイベントを行います。
プレゼント購入も増える時期ですので、ビジネス界では、もってこいなのでしょう。

でも、ちょっと待った!!だと思うのです。
(2015年1月11日 摂理の主日の御言葉 主題「ちょっと待った」)

クリスマスの本来の意味って、何なのでしょうか。

今年こそは、ちょっと立ち止まって、考えてみる。

そんな年になったら、いいなと願っています。

深く考えることが、人生を深くすると思うのです。

Luna

Facebook
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆