生きるために運動をする


11月12月と、怒涛の忙しさの中、Lunaができなくなったこと(しなくなったこと)があります。
ブログ読者の皆様はお気づきかもしれませんが、それは・・・

運動。

休みの日には必ずジムに通っていたのに、全然行かなくなってしまいました。
短期的に見たら、おかげで、すべき仕事をできたようですが、長期的に見たときには、身体がどんどん凝り固まっていって、このままでは、体調不良ゆえ、すべき仕事ができなくなりそうです。

鄭明析先生が、「生きるために運動をする」とおっしゃっていました。

運動の必要性を分かっているからこそ、出てくる言葉だと思います。
その深い意味については、私達一人一人がよく考えなければいけないかもしれません。

その深い意味を探ろうと、運動について、調べていたら、こんな御言葉を見つけました。

考えはちょうど肉体と同じだ。
肉の体も、運動しないで、繰り返し行なうことをしなければ、体が固まってしまい、昨日がまったく麻痺しそうになる。
だから何かをしても体がうまく動かず、少し動かすだけでも体の筋肉が突っ張って、居たくて、しなくなる。

考え、心、精神もこれと同じだ。
だから、考えをじっとさせておくと精神の節々が段々固まって行く。
精神が無気力になり、麻痺し、ぼうっとし、混沌とし、まるで風船やボールの空気が抜けたようで、その機能を発揮できない。
毎日運動するように、毎日すべきことを行なうように、精神も毎日毎時間毎分考え、動かさなければならない。

(2010年11月17日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

体と同じく、考えも、止めてしまったら、凝り固まってしまい、すべき時に、すべき仕事ができなくなりますね・・・(+_+)

忙しいと言い訳せずに、生きるために、運動しよう。
そして考えも、毎日動かしましょう!!

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆