雨の日に傘をさしてー認識と人生


電車で移動中の、ある日のことです。
電車に乗る前は、雨が降っていたけれど、電車に乗っている間に、雨が止んだようにも見えました。
でも、夜だったので、はっきり見えませんでした。

改札を出たら、傘をさしている人が目に入りました。

あ、さっきよりは、小雨になったけれど、やっぱりまだ雨が降っているんだなぁ!

と思って、傘を広げて、目的地まで歩いて行きました。

目的地に着いて、傘を閉じた時に、異変に気づきました。

あれ・・・傘が全然濡れていない!!

その時に初めて気づきました。

あれ・・・雨、降っていない!!

その時に思い出した御言葉です。

<認識>を間違ったら、そのとおりに考えと生が「慣らされて」苦労する。
(2014年11月21日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

雨が降っていようが、降ってなかろうが、傘をさそうが、ささなかろうが、正直、どっちでもいい、どうでもいい問題だと思います。笑
なぜなら、これは、小さな問題だからですね。
しかし、生活の中の小さな問題を通して、人生の大きな問題について、悟ることができると思います。
少なくとも、Lunaは、この一件で、認識の恐ろしさを、実体験して、気を引き締めました。

神様も、いないと脳に入力しておいたら、神様が絶対にいると信じて生きる人と同じく、考えが固く、否定する。

認識を間違って生きたら、自分の間違った認識どおりに行なうようになる。
だから、認識はとても重要だ。
認識が間違ったら、人生も駄目にする。

(2014年11月21日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

認識を正しくし、人生を成功させられますように。

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆