相談のない組織の行く末・・・教育と次元の必要性


先日、教会で、珍しくLunaがキレました・・・汗
こんなにキレたのは、摂理に来てから初めてのことでした。

珍しくも何も、言い訳は一切無用。
まず、キレること、血気盛んであることが、Luna自身の直すべき性格なのだということを悟らねばならないのですが、キレた理由の全ては、相談がないことでした。

社会人の基礎に「報連相」がありますが、「報告・連絡・相談」のいずれも、組織を円滑に運営していくにあたって、なくてはならないものですし、組織でなくても、人と人との関係を築いていく上で、なくてはならないものだと思います。

相談がどれほど大切であるか、摂理の御言葉でも常々言われていることを思い出しました。

親や兄弟にいつも関心を払って対話しなさい。
教会でも互いに関心を持って対話しなさい。
そして相談しなさい。
そうしてこそ平和と和睦が訪れ、味を感じ、甲斐を感じる。
(2014年12月30日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

人とも相談。
そして、根本的には、天とも相談。

これができていれば、小さな争いすら、この世の中から、一切なくなるはずです。

摂理の教会内でも、できていない現実を目の当たりにして、摂理の御言葉の矛盾を感じたのではなくて、人間の矛盾を感じました。

もっと私達、主の教育を受けて、次元を高めなければ!と思ったのでした。

そして、相談がなくてもキレないだけの、寛大な心を持たねばなりませんね(。-_-。)
「しかし、相談さえあれば、こちらもキレないのに・・・」といつまでもブツブツ文句を言う、足りないLunaです(*_*)

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/2882
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆