止まってはいけないー駆け抜けた2015年を振り返って


2015年、我ながら、本当にものすごく多くの仕事を成し遂げました。

CAの仕事をこなすだけでも、てんやわんやな中で、当摂理ブログの運営に加えて、教会で様々な仕事をさせていただいた1年間。
CAと、教会の使命と、どちらが本業だか、よくわからなかった1年でした・・・笑
それくらい、駆け抜けたということですね。

Lunaは、教会で態度が大きいようで(笑)、よく摂理歴10年と間違えられますが、実は、摂理に来てようやく4年が経った頃。
そういえば、摂理に来て半年で、既に摂理歴3年だと思われたので、よっぽど態度が大きいのでしょうね・・・笑

会社でも、初めの3年が肝心と言ったりするものですが、摂理でも、同じかもしれません。
今年1年間は、これまで3年かけて培ってきたものを、初めて、思いっきり外に出して、天に栄光を帰すことができた1年だったなと思います。

3年間で培ってきたものとは、何だったのでしょうか。

Lunaは、親の猛反対に合って、3年間、ほとんど教会に通えませんでした。
だから、その期間、培えたものは、目に見えては、何もなかったと思います。
なぜなら、使命を通して成長する人が多い中で、Lunaの場合は、3年間、教会での使命は何一つありませんでした。(あっても、できる状況ではなかったですし。)

でも、この期間、大変だったけれど、<主の心情を受ける>という、摂理を駆け抜けるための「核」を掴む上では、とても良い時を過ごすことができたのだと思います。
また、両親との関係性を見直す機会にもなりました。

3年間、使命が何もなかった代わりに、今年1年で、3年分くらいの分量の仕事をしました。
言い換えると、3人分の仕事をした、と言えるでしょうか。
途中、牧会者にも、使命が多すぎるのではないか?と言われたほどですが、結果として、どれもが中途半端になったというよりは、1人で、3人分くらいの仕事をこなす御働きが起こりました。

「CAの仕事も忙しい中で、よくいろんなことができたね」

とある方に言われたのですが、

Lunaの本音は、

「いや、私、忙しい方が向いているんです・・・」

そしたら、あっさりと、

「うん、向いていると思う。Lunaちゃんは、止まったら死ぬタイプだよね。マグロ!」

と言われました・・・笑
マグロって・・・笑

でも、アーメンです!!
主が、Lunaの個性をわかって、Lunaの個性通りに導いてくださった1年でした。

そして何よりも、主が共にしてくださったから、驚くべき御働きが起こり、足りないLunaでも、多くの仕事をなんとかすることができた1年だったということを忘れてはなりません。

主を忘れたら死ぬ。

Lunaが成してきた全てのことが、Lunaが成し遂げたことなのではなく、様々な人達の支えと、根本的には聖三位と主の御力で、成し遂げることができたことなのだということを忘れずに、2015年も最後まで、そして、2016年も、摂理を駆け抜けます*\(^o^)/*

Luna

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆