先に<心>を良い心に磨きなさいー中高生に送る摂理の御言葉


10代である中高生の時に、どんな人に会い、どんな本を読み、どんな経験をし、どんな価値観を持つかというのは、その後の人生に大きな影響を与えるものだと思います。

 

Lunaと同じく、キリスト教教育を受けて育ったLunaの父が、Lunaが中高生の時に、いつも言っていたことが「中高生の時が大切だ。」でした。

「世の中は、大学名を気にするけれど、大学は、どうでもいい。中高生の時に、どういう教育を受けたがが大切だ。」

と、いつも話していた父の言葉は、鄭明析先生の言葉と重なります。

Luna自身を振り返ってみて、Lunaが20代になって摂理に来たことも含めて、10代である中高生の時に培ったものが、今の人生を左右していることを痛感しています。

 

先に<心>を良い心に磨きなさい。

そうしてこそ「野ブドウのような環境」も嬉しく喜んで生き、「まずい食べ物」もおいしく食べ、「味気ない生活」もすばらしく生きるようになる。

<心>を良く、強く磨いておかなければ、「良いもの」が来ても奪われる。 

<心>を磨き、<考え>を磨き、<体>も磨いて錬達しなさい。

そうしてこそ、ちゃんと得て、享受する。

全能者神様は、聖霊様と御子と共に<心>を主管なさる。

(2015年3月23日  摂理・鄭明析牧師の御言葉)

 

未来が無限に広がっている中高生の時にこそ、生きていく上で本当に必要なものが何であるか、正しい教育を受けられますように。

 

Luna

 

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆