ある大学生の感想文よりー学んだことを「生活」に活かす


ある大学生も何も、Lunaのことなのですが(笑)、部屋を整理していたら、摂理に導かれる前、大学2年生の時に書いた、ある講義の感想文が出てきました!
一体何年前のことか、考えただけで、恐ろしい( ゚д゚)よくぞ、出てきたものです(笑)

こう書いてありました。

「(前略)今後は学んだ多くのことを、勉強だけではなく普段の生活に活かしていこうと思っています。」

生活!!
これ、今、摂理の最大のキーワードです!!

我ながら、感想文のレベルの高さに、びっくりしました。

学んでも、学びっぱなしや、単に学問や研究にだけ適用するのではダメで、

学んだことを、どれだけ普段の「生活」に落とし込み、普段の「生活」に活かしていけるか。

確かに、「生活」が核だと、摂理に来る前の大学2年生の時点で、既に確信していたことを思い出しました。

まるで、大学生だった私が、今の私に、

「大学生でも、わかっているのだから、社会人、頑張りなさい!」

「摂理に来る前からわかってたんだから、あなた、今、もっとわかって、生活から変えなさい!」

と言っているような気がしました(;゜0゜)

摂理でも、「生活」の大切さについては、今になって初めて言われているわけではないですよね。
既に30年以上前から、強調され続けてきました。
2年前の御言葉にも、こうあります。

24時間の自分の生活が重要だ。
「生活の点数」がよくなければいけない。
(2014年8月26日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

生活。

全ての原点が、ここにあるのではないかと思います。

毎日どんなことをするにしても<三位と主を抜きにしないで一緒に行なって生きる人>が「生活の中で愛の関係をする人」だ。
このような人が、毎日信仰が成長し、次元を上げて変化する。
(2016年4月12日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

生活。

当たり前に存在し、気づかぬうちに、蔑ろにしてしまいがちなものかもしれませんが、とても深いですね。

「生活」から変えて、次元を高められますように。

Luna

Facebook
Google+
https://luna-happyflight.com/providence1/3669
Twitter

ABOUTこの記事をかいた人

摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活を送る現役CAです。世界で初めて有人動力飛行に成功したライト兄弟は、牧師の子どもであり、敬虔なクリスチャンでした。時を越えて飛行機と関わるようになったLunaが、鄭明析先生の御言葉と共に各地を飛び回りながら考えたことをお届けます。ブログをご覧いただく皆様の人生のフライトが、いつもハッピーでありますように☆